競馬( 2 )

Category
並べ替え
第83回菊花賞(G1)展望

第83回菊花賞(G1)展望

阪神競馬場で行われる3,000mの長距離戦。皐月賞馬もダービー馬も不在の菊花賞となりました。出馬表を最初に見て難しいな!というのが正直な感想です。抜けた馬はいないどころかどれが勝ってもおかしくないメンバーだと思っています。それでは見解を。ワタシの本名は12番のドゥラドーレス。配合的に長距離に適しているのでこの距離ならこ...
第27回秋華賞(G1)を振り返って

第27回秋華賞(G1)を振り返って

第27回秋華賞(G1)の予想は昨日エントリーした。本命を予想した5枠10番のアートハウスが5着と敗れたが、その他の馬が上位入線してくれたおかげで馬券の方は当たり収支は黒字になって良かったです。勝った馬はスタニングローズ。9戦して一度3着というレースはあったが、その他のレースは勝つか2着という超堅実馬。冷静に考えてみると...
第27回秋華賞(G1)展望

第27回秋華賞(G1)展望

京都競馬場が改修工事の為阪神競馬場の芝2,000Mが舞台となります。それでは予想にいってみましょう。本命は5枠10番のアートハウス。前走のローズSが強い競馬で秋の競馬が叩き2走目となる今回は更なる上昇が見込めそう。内枠がどうも苦手のようだが真ん中の枠の今回なら流れに乗った競馬ができると思う。相手は4枠8番のナミュール。...
凱旋門賞を勝つ日本馬とは

凱旋門賞を勝つ日本馬とは

昨日のエントリーで凱旋門賞に出走する日本馬の予想をした。残念ながらその予想は当たってしまい日本馬は惨敗だった。果敢にフランスまで乗り込んで凱旋門賞に挑戦した関係者に敬意を払いたい。しかし強い馬が何度挑戦しても凱旋門賞を勝てないですね。今年こそは勝てるのでは??と期待を抱くんだけど悉く厚い壁に跳ね返されてしまいます。なぜ...
第56回スプリンターズステークスを振り返って

第56回スプリンターズステークスを振り返って

勝ったのは七歳馬のジャンダルム。この馬の母のビリーヴもこのレースの勝ち馬で史上初の母子制覇となった。レースは好スタートから二番手追走。内の馬が伸びている今日の中山競馬場というのも良かったが、流れに乗って自分の競馬ができたのが勝因だと思う。2着はウインマーベル。直線の内側の馬群を割って伸びてきた。後一歩まで追い詰めたが届...
馬産業だけは絶好調

馬産業だけは絶好調

競走馬の売上が好調のようです。景気の悪い日本社会の中で馬産業だけは別格なのか競走馬の馬代金の売上が伸びている。しかも半端なく。本日北海道苫小牧市のノーザンホースパークで競走馬のセリ「セレクトセール2022」の1歳馬セッションが行われ223頭の競走馬が128億7000万円(税抜き)で取引された。1頭平均5797万円(税抜...
宝塚記念の回顧

宝塚記念の回顧

ずっと競馬のG1レースは前日に予想というかワタシの見解をお伝えしていましたが、今日行われた宝塚記念の見解はしていませんでした。なので少し説得力に欠ける部分はあると思うけど、勝馬のタイトルホルダーは頭で馬券も買っていました。この馬は展開有利で先行から直線抜けて来るだろうと予想していましたが、全くその通りの競馬をしてくれま...
安田記念を振り返って

安田記念を振り返って

昨日推薦した4頭のうち1着と2着の馬は入っていました(1着ソングライン、2着シュネルマイスター)が、3着馬(サリオス)は入っていませんでした。私の方は3連単は外れましたが馬連の方は的中となり収支は若干プラスとなりました。馬連で配当が1.740円とは思ったよりもつきました。レースは曇り空の下、良馬場で行われました。各馬内...
安田記念展望

安田記念展望

先週の日本ダービーに引き続いて東京競馬場ではG1の安田記念が行われます。今回も私の勝手気ままな展望を!個人的にマイルレースはマイルに適した強い馬が勝つレースだと思っています。なのでほぼ人気通りの予想になってしまうけど、これはマイルというレースの性質上、人気馬が大きく崩れる事が少ないレースだからです。7番のファインルージ...
ダービー回顧

ダービー回顧

昨日予想した競馬の祭典日本ダービーですが、武豊騎手騎乗のドウデュースが勝ちました。2着馬がイクイノックス(ルメール)で3着が人気薄のアスクビクターモア。個人的には3連単や3連複が取れなかったけど、馬単と馬連が的中したので若干プラス収支になったので良かったです。さてレース回顧を。ドウデュースは順調なのが一番良かったという...